医学・医療系の総合大学、チーム医療を実践する医療専門者の育成

学校法人兵庫医科大学学校法人兵庫医科大学

文字の大きさ小中大
ホーム > 広報 > ニュースリリース > トピックス > 丹波医療センター×ささやま医療センター 市域の枠内にとどまらず丹波医療圏全体で安心かつ安全な周産期医療を提供する広域体制を実現
広報
広報
学校法人兵庫医科大学基金(兵医・萌えの会)
兵庫医科大学兵庫医療大学との連携
関連リンク

丹波医療センター×ささやま医療センター 市域の枠内にとどまらず丹波医療圏全体で安心かつ安全な周産期医療を提供する広域体制を実現

2020年2月26日

丹波医療センター(丹波市)×ささやま医療センター(丹波篠山市)
市域の枠内にとどまらず丹波医療圏全体で
安心かつ安全な周産期医療を提供する広域体制を実現

丹波医療センター
兵庫県立丹波医療センター
ささやま医療センター
兵庫医科大学 ささやま医療センター

兵庫県立丹波医療センター(兵庫県丹波市、病院長:秋田 穂束 ※以下、丹波医療センター)と兵庫医科大学 ささやま医療センター(兵庫県丹波篠山市、病院長:片山 覚 ※以下、ささやま医療センター)は、安心かつ安全な周産期医療の提供に向けて、2020年3月1日付けで連携協定を締結することになりました。

協定締結の背景

ささやま医療センターでは、永年、分娩提供施設として丹波篠山地域の方々へ周産期医療を提供してきましたが、かねてより続いていた産科医の不足に伴い、安心かつ安全な周産期医療体制の構築に苦慮しており、先般の報道発表のとおり、2020年3月末をもって分娩を休止することになりました。

こうした問題は丹波篠山地域にとどまらず、兵庫県、あるいは日本全国における共通の問題であり、周産期医療を提供する各医療機関が率先してその対策を実行していく必要があります。今後地域における周産期医療を支え、安心かつ安全な周産期医療を提供していくためには、地域の医療機関が協力して「分娩機能の集約」「周産期医療機能の役割分担」「緊密で円滑な医療連携」を図り、人材を含む限られた医療資源を有効に活用していくことが重要になってきています。

そこでこの度、ささやま医療センターと同様に丹波医療圏の中核病院として、地域のニーズに沿った急性期から回復期および終末期まで幅広い医療を提供し、地域の周産期医療を支える丹波医療センターと連携協定を締結することになりました。

具体的な連携内容

具体的には、ささやま医療センターで妊婦検診を受けている妊婦が、丹波医療センターでの分娩を希望した場合、丹波医療センターにて分娩および分娩前後の医療を提供。希望があれば、その後の産後ケアはささやま医療センターで実施します。その際、両院の間で診療情報を互いに共有し合い、より効果的な周産期医療を提供することはもちろん、ささやま医療センターの産科医や助産師による出張診療を丹波医療センターで受け入れる「オープンシステム」などを取り入れ、妊婦をはじめとした地域住民に安心かつ安全でストレスのない周産期医療を提供していきたいと考えています。

丹波医療センター 概要

【名 称】 兵庫県立丹波医療センター
【所在地】 兵庫県丹波市氷上町石生2002番地7
【院 長】 秋田 穂束
【開 設】 2019年7月
【病床数】 320床
【面 積】 敷地面積:54,055.29平方メートル
延床面積:26,321.04平方メートル

ささやま医療センター 概要

【名 称】 兵庫医科大学 ささやま医療センター
【所在地】 兵庫県丹波篠山市黒岡5
【院 長】 片山 覚
【開 設】 1997年10月
【病床数】 180床
【面 積】 敷地面積:13,479.15平方メートル
延床面積:13,272.23平方メートル

本リリースに関するお問い合わせ先



学校法人兵庫医科大学 総務部 広報課

TEL:0798-45-6655(直通)
FAX:0798-45-6219
E-mail:m.png
URL:https://www.corp.hyo-med.ac.jp

学校法人兵庫医科大学  〒663-8501  兵庫県西宮市武庫川町1番1号  TEL:0798-45-6111(代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.