医学・医療系の総合大学、チーム医療を実践する医療専門者の育成

学校法人兵庫医科大学学校法人兵庫医科大学

文字の大きさ小中大
ホーム > 広報 > ニュースリリース > トピックス > 脳梗塞治療の新たな指針となるエビデンスを世界に先駆けて報告
広報
広報
学校法人兵庫医科大学基金(兵医・萌えの会)
兵庫医科大学兵庫医療大学との連携
関連リンク

脳梗塞治療の新たな指針となるエビデンスを世界に先駆けて報告

兵庫医科大学 脳神経外科学講座 主任教授の吉村紳一らの研究グループは、脳梗塞発症からスタチン投与開始までの経過時間は3ヶ月後の予後(自立度)と関連が無いことを世界に先駆けて報告しました。なお、本研究はアメリカで開催される国際脳卒中学会のLate breakingセッションにて発表します。

本研究のポイント

脳梗塞治療の優先順位に関する世界的な指針を示し、患者に適切な治療をもたらすことができます。

 

研究の背景

WHOによると全世界で毎年約600万人が脳卒中で命を落としていることから、脳梗塞などの脳卒中に対する統一した治療手順の確立が必要とされている。今回の臨床試験に使用した高コレステロール血症治療薬である「スタチン」は、脳梗塞の再発予防に効果があることは分っていたが、脳梗塞の発症直後に投与することで3ヶ月後の予後(自立度)が改善されるかどうかについては、未だ十分なデータがない。このため、医療機関によってスタチンの治療開始時期にばらつきが生じていた。

研究目的

脳梗塞を発症してから24時間以内にスタチンを投与することで、患者の予後(自立度)を改善できるかについて研究する。

対象

2015年9月1日~2016年8月31日の期間に、研究参加施設(13施設)に急性期脳梗塞で入院した20歳以上の患者270人を対象とした。

方法

脳梗塞発症から24時間以内にスタチン投与を開始する群(A群)と、発症7日後に投与を開始する群(B群)にランダムに分け、経口投与を実施。発症から3ヵ月後の予後(自立度)を評価した。

結果

比較的軽度の脳梗塞患者においては、発症直後からスタチン投与までの経過時間は予後(自立度)と関連がなかった。
(以下参照)

図.24 時間以内にスタチン投与を開始する群(A 群)と発症7 日後に投与を開始する群(B 群)のまひの程度の関係

re図.jpg

[mRS]
0・・・まったく症候がない
1・・・症候はあっても明らかな障害はない (日常の勤めや活動は行える)
2・・・軽度の障害 (発症以前の活動がすべて行えるわけではないが、自分の身の周りのことは介助なしに行える)
3・・・中等度の障害 (何らかの介助を必要とするが、歩行は介助なしに行える)
4・・・中等度から重度の障害 (歩行や身体的要求には介助が必要である)
5・・・重度の障害 (寝たきり、失禁状態、常に介護と見守りを必要とする)
6・・・死亡

ニュースリリースに関するお問い合わせ


名称 経営企画室 広報課
TEL 0798-45-6655(直通)

学校法人兵庫医科大学  〒663-8501  兵庫県西宮市武庫川町1番1号  TEL:0798-45-6111(代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.