医学・医療系の総合大学、チーム医療を実践する医療専門者の育成

学校法人兵庫医科大学学校法人兵庫医科大学

文字の大きさ小中大
ホーム > 広報 > ニュースリリース > トピックス > 笹子三津留(集学的腫瘍外科学 特任教授)が「平成28年度 兵庫県科学賞」を受賞
広報
広報
学校法人兵庫医科大学基金(兵医・萌えの会)
兵庫医科大学兵庫医療大学との連携
関連リンク

笹子三津留(集学的腫瘍外科学 特任教授)が「平成28年度 兵庫県科学賞」を受賞


 平成28年10月24日、集学的腫瘍外科学 特任教授の笹子 三津留 (66)が「平成28年度 兵庫県科学賞」を受賞することが兵庫県から発表されました。 「兵庫県科学賞」は、科学技術の研究に熱心な者で、その研究成果が科学技術の向上に著しく寄与すると認められるものに兵庫県知事から贈られる賞です。本学教員としては、平成17年度の岡村 春樹(腫瘍免疫制御学 特任教授)と中西 憲司(前学長)、平成24年度の野口 光一(現学長)に続く受賞となります。

 なお、贈呈式は、平成28年11月9日に兵庫県公館で開催される予定です。

受賞理由

胃がん治療の世界的権威として、がんの外科手術に科学的評価法を導入し、国際標準を確立するとともに、ふるさと兵庫の大学で後進の育成に努めるなど医学の発展に尽くしたことが評価されました。

受賞に対するコメント(笹子 三津留)

 過去にいくつかの賞をいただいていますが、地元における評価をいただけたことを大変嬉しく思います。この研究を一緒にやってきた全国の日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)胃がんグループの先生方に深謝します。また、日頃の臨床を支えてくれた医局員一同、病院職員の皆様に感謝します。


笹子特任教授の主な略歴

1976年   東京大学医学部医学科卒業

1983年   東京大学医学部助手

1984年   フランス給費留学生としてパリ大学留学

1986年   東京大学医学部第2外科医局長

1987年   国立がんセンター病院外科スタッフ

1989年   ライデン大学(オランダ)招聘教授

1991年   国立がんセンター中央病院医長

2006年   国立がんセンター中央病院副院長

2007年   兵庫医科大学特命教授(外科担当)

2008年   兵庫医科大学主任教授(上部消化管外科)

2014年   高松宮妃癌研究基金学術賞 受賞

2015年   平成27年度日本医師会医学賞 受賞

2016年   フランス医学アカデミー外国人会員

2016年   兵庫医科大学特任教授(集学的腫瘍外科学)

ニュースリリースに関するお問い合わせ


名称 経営企画室 広報課
TEL 0798-45-6655(直通)

学校法人兵庫医科大学  〒663-8501  兵庫県西宮市武庫川町1番1号  TEL:0798-45-6111(代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.