医学・医療系の総合大学、チーム医療を実践する医療専門者の育成

学校法人兵庫医科大学学校法人兵庫医科大学

文字の大きさ小中大
ホーム > 広報 > ニュースリリース > トピックス > 笹子三津留(上部消化管外科学 主任教授)が「フランス医学アカデミー 外国人会員」に任命
広報
広報
学校法人兵庫医科大学基金(兵医・萌えの会)
兵庫医科大学兵庫医療大学との連携
関連リンク

笹子三津留(上部消化管外科学 主任教授)が「フランス医学アカデミー 外国人会員」に任命


 2015年11月24日、兵庫医科大学(兵庫県西宮市・学長 中西憲司)上部消化管外科学 主任教授の笹子 三津留(65)がフランス医学アカデミー 外国人会員【外科系2- Chirurgie et spécialités chirurgicales (2ème division)】に選出され、2015年12月14日(現地時間)にパリのアカデミー本部にて任命式が行われました。
 フランス医学アカデミー会員は、135席のフランス人正会員(membres titulaires)、60席の外国人会員(membres associés étrangers)、160席のフランス人準会員(membres correspondants)、120席の外国人準会員(membres correspondants étrangers)で構成されておりますが、笹子主任教授は60席の現外国人会員のなかで、唯一の日本人として任命されています。(2016年2月4日現在)

選出理由

外科領域の臨床試験方法論の確立と胃がん根治手術の国際標準の確立を通して フランス医学界に貢献した業績とフランス医学界との交流に於いて評価された人間性

選出に対するコメント(笹子 三津留)

 私は1984年から1年間パリ大学に留学し、外国人助手として病院で働きました。 1989年からオランダで胃がん手術の臨床試験を実施し、その影響は全欧州に及び フランスでも高い評価を得ました。留学当時の教授の推薦で1995年にフランス外科学会の名誉会員にしていただき、 今回は我が国の学士院会員に相当するアカデミー会員に選出されましたことはこの上ない喜びと名誉と思っています。 しっかり仕事をすることも大切ですが、良き師や友を持つことはすばらしいことで、感謝に絶えません。

笹子主任教授の主な略歴

1976年   東京大学医学部医学科卒業

1983年   東京大学医学部助手

1984年   フランス給費留学生としてパリ大学留学

1986年   東京大学医学部第2外科医局長

1987年   国立がんセンター病院外科スタッフ

1989年   ライデン大学(オランダ)招聘教授

1991年   国立がんセンター中央病院医長

2006年   国立がんセンター中央病院副院長

2007年   兵庫医科大学特命教授(外科担当)

2008年   兵庫医科大学主任教授(上部消化管外科)

2014年   高松宮妃癌研究基金学術賞 受賞

2015年   平成27年度日本医師会医学賞 受賞

ニュースリリースに関するお問い合わせ


名称 経営企画室 広報課
TEL 0798-45-6655(直通)

学校法人兵庫医科大学  〒663-8501  兵庫県西宮市武庫川町1番1号  TEL:0798-45-6111(代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.