医学・医療系の総合大学、チーム医療を実践する医療専門者の育成

学校法人兵庫医科大学学校法人兵庫医科大学

文字の大きさ小中大
ホーム > 最新情報 > ~医療や健康について学べる体験型イベント~ 「なるほど医学体験!HANSHIN健康メッセ2018」を主催しました
最新情報
最新情報
学校法人兵庫医科大学基金(兵医・萌えの会)
兵庫医科大学兵庫医療大学との連携
関連リンク

~医療や健康について学べる体験型イベント~ 「なるほど医学体験!HANSHIN健康メッセ2018」を主催しました

 学校法人兵庫医科大学は、8月24日(金)から26日(日)までの三日間、体験型イベント「なるほど医学体験!HANSHIN健康メッセ ~遊んで学んで広がる健康の絆~」を大阪・梅田のハービスHALLで主催しました。(共催:国立大学法人神戸大学、阪神電気鉄道株式会社)。

 このイベントは、一般市民の皆さんを対象に、最新の医療について楽しく学び、健康意識を高めてもらうことを目的として毎年8月に開催しています。3回目を迎えた今回は、常設の「超音波ブース」と「IVRブース」で治療の紹介や医療機器を体験する企画の監修を行ったほか、兵庫医科大学病院の勤務医師による、手術のデモンストレーション等を実施。また、複数の運動測定や認知機能チェックテストを行いながら会場を回るラリーも、兵庫医療大学が監修しました。日替わりで実施した、皮膚科、小児科の医師による講演や、上部消化管外科の医師及び兵庫医療大学の教員による子ども向けワークショップも大好評で、どの企画も盛況でした。

 子どもから大人まで全年齢層を対象として開催し、会期中の総来場者数は1万2000名を超えた健康メッセですが、夏休み中ということもあり、小学生以下の子どもたちが多く来訪。普段めったに見ることのできない医療機器に自分の手で実際に触れられるとあって、意欲的・積極的に体験に取り組む様子が多々見られたほか、本物の医師とのコミュニケーションを楽しんでいました。大人の方も、無料で行える健康チェックや運動測定に次々と挑戦し、ご自身の健康状態を見つめ直されているようでした。

 今後も、一般市民の方に健康意識を高めていただき、医学・医療を身近に感じていただけるよう、講演やイベントを大学・病院の内外で開催してまいります。

■学校法人兵庫医科大学 関連プログラム



タイトル 内容 担当
超音波ブース
「超音波(エコー)を体験しよう!」

エコー機器の操作体験、医師による「ラジオ波焼灼療法」の実演など 兵庫医科大学病院
超音波センター
IVRブース
「迷路みたいな血管の中を探検しよう!」
カテーテルを使った手術体験、機器の展示など 兵庫医科大学病院
放射線科
(※神戸大学と共同運営)
カラダとアタマのチェックラリー 反射神経、ステップ能力などを測る運動チェック、認知チェックなど
兵庫医療大学
リハビリテーション学部
セミナー
“AEDってなぁに?”
~救命救急を体験しよう~
子どもたちを対象にしたAEDの使用体験 兵庫医療大学
共通教育センター
賀屋 光晴 准教授
セミナー
「~外科医が教える~ どうなってるの?からだの中身」
絵を描いたりパーツを貼ったりして、からだの中がどうなっているかを学ぶプログラム 兵庫医科大学病院
上部消化管外科
篠原 尚 主任教授
セミナー
「虫はすごいぞ!こわくない!!~知っておきたい虫による皮膚病のおはなし~」
昆虫の種類や生態、人への被害、対処法など 兵庫医科大学病院
皮膚科
夏秋 優 准教授
セミナー
「意外と知らないこどものキケン ~身近に潜む「病気」や「事故」から身を守ろう~」
こどもの身近に潜む危険についてのアドバイス 兵庫医科大学病院
小児科
服部 益治 特別招聘教授


■イベントの様子


オープニングアクト
オープニングアクト
兵庫医科大学病院 病院長 難波光義(右から2番目)

IVRブース
IVRブース

カテーテル体験
カテーテル体験

超音波ブース
超音波ブース

エコー体験
医師と一緒に

エコー体験
エコー体験

AEDセミナー
AEDセミナー

工作するセミナーは子どもに大人気
工作するセミナーは子どもに大人気

上部消化管外科 篠原主任教授によるセミナー
上部消化管外科 篠原主任教授によるセミナー

皮膚科 夏秋准教授によるセミナー
皮膚科 夏秋准教授によるセミナー

小児科 服部特別招聘教授による講演
小児科 服部特別招聘教授による講演

学校法人兵庫医科大学  〒663-8501  兵庫県西宮市武庫川町1番1号  TEL:0798-45-6111(代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.