医学・医療系の総合大学、チーム医療を実践する医療専門者の育成

学校法人兵庫医科大学学校法人兵庫医科大学

文字の大きさ小中大
header_main_kyodo.jpg
header_side_kyodo.jpg
関連リンク

yurikago.jpg

banner kokoronomimi.png

march2.png

positiv-banner.jpg

ikumen-banner.jpg

先輩ドクターの体験談 ~宇和 典子~

兵庫医科大学 精神科神経科学 助教
宇和 典子
[兵庫医科大学 2002(平成14)年卒]
専門分野 
精神神経科全般、老年期精神障害
資格 
精神保健指定医、日本精神神経学会 専門医・指導医、日本老年精神医学会 専門医・指導医、日本認知症学会 専門医・指導医、臨床研修指導医

双子妊娠中に専門医・指導医を取得

私は兵庫医科大学病院精神科神経科で2年間の臨床研修を終え、すぐに大学院へ進学しました。「認知症」の分野で学位を取得した後は助教として勤務し、精神保健指定医と1つ目の専門医・指導医を取得しました。
医師7年目で同級生と結婚し妊娠。専門性を高める目的で、双子妊娠中に2つ目の専門医・指導医を取得。約8か月間の産休、育休を経て復職しました。慣れない双子育児と仕事の両立で2歳までの記憶はほとんどありません。
子供が5歳の頃に3つ目の専門医・指導医を取得しました。現在は、認知症専門医として臨床に携わり、3種類の専門医と指導医を保持するために、日帰りで行ける学会や日中に開催される研修会に参加しポイントを集める生活を送っています。

子供のためなら何でもできてしまう母親の底力

現在子供達は小学校3年生で、学校が終わると学童保育で私のお迎えを待っています。平日の夜は早く子供を寝かせて講演会の準備や原稿作成の時間に充てようと思いながら一緒に寝落ちしてしまう日が続いています。
週末は息子の野球の練習があるため平日より早起きしてコーチをしている夫と息子のお弁当を作り、チームの手伝いに参ります。自分の時間はほぼありませんが、息子の野球の試合や娘がダンスイベントに参加している姿を見て、一緒に一喜一憂することを幸せに感じております。今年度は、PTA役員に立候補しました。「今でも時間がないのに私大丈夫?」と思いながらも、子供のためなら何でも出来てしまう母親パワーで乗り切っていきたいと思います。
毎週末、夫は息子の野球チームのコーチとして、私はスコアラーとして試合を観戦しています。

学校法人兵庫医科大学  〒663-8501  兵庫県西宮市武庫川町1番1号  TEL:0798-45-6111(代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.