医学・医療系の総合大学、チーム医療を実践する医療専門者の育成

学校法人兵庫医科大学学校法人兵庫医科大学

文字の大きさ小中大
ホーム > ダイバーシティ推進(男女共同参画) > 兵庫医大 ロールモデル紹介 > イクボスの取組み紹介 > イクボス体験談 ~木村 亜紀子~
header_main_kyodo02.jpg
header_side_kyodo.jpg
関連リンク

yurikago.jpg

banner kokoronomimi.png

march2.png

positiv-banner.jpg

ikumen-banner.jpg

イクボス体験談 ~木村 亜紀子~

兵庫医科大学 眼科学 准教授
木村 亜紀子

専門分野 
斜視・弱視、眼瞼、小児眼科、神経眼科
資格
日本眼科学会 眼科専門医・指導医
グラクソ・スミスクライン社 ボトックス治療認定医


木村 亜希子准教授

日々育児に奮闘し、さまざまな苦悩を抱えながらも、医師として全力で突き進んできた努力家。育児中の医師も多く在籍する眼科学教室の中で、働きやすい環境づくりに貢献。性別を問わず、家庭や生活を大事にしながらお互いが協力し、専門性を高め合える環境を整えることに尽力している。 2020年6月に「兵庫県医師会イクボス大賞 特別奨励賞」を受賞した。

今回、イクボス大賞 奨励賞を受賞した感想は?

上司から兵庫県医師会のイクボス大賞に私をエントリーすると聞いたときは、「自分ではだめだろう」と思い、一旦辞退しました。しかし、尊敬する上司が背中を押してくださったことで、今回の受賞につながりました。上司や病院長のおかげと、心から感謝しています。

これまでに直面した困難は?また、どのように乗り越えましたか?

私は大学院生の時に結婚、出産し、博士号を取得し、娘が3歳の時に臨床現場に復帰しました。母が一生懸命子育てもサポートしてくれましたが、夫は緊急手術が多く、いざというときに頼りになりませんでしたので、「この子は私ひとりで立派に育てなくては…」という悲壮感が漂っていたと思います。しかし、娘のガッツある成長を見て「負け犬のままではいけない。彼女にとって自慢のママになろう」と強く思い、「絶対できるようになってやる!」というファイトだけで乗り切ってきたように思います。

医師を続けていてよかったと思うことは何ですか?

子どもが小さな頃は仕事に穴をあけることが多々あり、そのたびに「また迷惑をかけた…」「私はポンコツや…」と落ち込んでいました。そんなとき、母に「ふてくされている人にチャンスは絶対やってこない。笑顔になって何事も前向きに頑張りなさい。笑顔で頑張れないならやめなさい」と諭され、娘にも「ママ、笑って!笑顔や!」と励まされ、笑顔を意識するようになりました。初めは無理やり笑顔を作っていましたが、しばらくして患者さんから「優しい先生で良かった」「先生に担当してほしい」と言ってもらえるようになるなど、患者さんが私を見る目が変わってきたのです。 そのうち、徐々に「私は患者さんに育てていただいている」と感じるようになり、日々感謝しながら専門分野の診療に取り組むようになりました。今では、患者さんが私を選んで受診してくださることも増え、治療後の患者さんの笑顔を見ると「頑張ってきて本当に良かった」と感じます。

ご自身がめざす医師の姿は?

患者さんに対して誠実に向き合い、患者さんにとって不利益になることがないように手間を惜しまず、「自分の子どもを診てほしい」と思ってもらえるような医師になれるように努めたいと思っています。

まだ子どもが小さかった頃の話ですが、熱でしんどそうな娘を病院に連れて行ったときなどに、担当医師らの心ない対応に大変傷ついたことが多々ありました。子どもは、幼少期の間はすぐに熱を出すものです。それなのに迷惑そうにされたり、面倒くさそうにされたり、自分が患者さんの立場に立ってみて初めて、「腕の良い優しい女医さん」の必要性に気がつきました。私自身も、患者さんに「今日は優しい女の先生で良かったね」と言っていただけるように、そして、高度な医療が提供できるように励みたいと考えています。

子育てを行う後輩女性医師へのエールをお願いします

子育ては永遠に続くように感じますが、振り返るとあっという間に終わってしまいます。ママの機嫌が良いと良い子に育つそうですので、「自分が機嫌よくいることが家族にとっても一番!」と思って、無理のない範囲で頑張ってほしいと思います。 子育て中は辛いこともたくさんありますが、一生懸命頑張ってきたことは、人生にとってとても良い思い出になります。「子どもがいたから〇○ができなかった」「あれもこれもあきらめた」ではなく、「この子のおかげで○○も○○もできた」と自分に言い聞かせていると、本当にいつか「あれもこれも、この子のおかげだ」と思える日が来ると思います。 私の娘も二十歳になりましたが、今回の賞も娘のおかげと感じています。
いつも共に仕事をしている、大切な後輩と視能訓練士たち
いつも共に仕事をしている、大切な後輩と視能訓練士たち

学校法人兵庫医科大学  〒663-8501  兵庫県西宮市武庫川町1番1号  TEL:0798-45-6111(代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.