医学・医療系の総合大学、チーム医療を実践する医療専門者の育成

学校法人兵庫医科大学学校法人兵庫医科大学

文字の大きさ小中大
ホーム > 男女共同参画推進 > 育児支援 > 次世代育成支援対策
header_main_kyodo.jpg
header_side_kyodo.jpg
関連リンク

yurikago.jpg

banner kokoronomimi.png

march2.png

positiv-banner.jpg

ikumen-banner.jpg

学校法人兵庫医科大学 行動計画

すべての職員がその能力を十分に発揮できるような雇用環境の整備を行うとともに、次世代育成支援について地域に貢献する組織となるため、本学は次のとおり行動計画を策定します。

計画期間:平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5年間
目標

『育児支援に関する制度等の広報活動を強化し、育児中の教職員のサポートを行う。』

現在本学で行われている出産・子育てに係る支援制度は、労働基準法に基づく産前産後休暇に始まり育児・介護休業法に基づく育児休業、雇用保険法に基づく育児休業給付金制度、復帰後の時間外労働・深夜残業の制限から子の看護休暇制度に至るまで様々なものがある。しかし、それら諸制度が教職員全員に周知徹底され、取得しやすい状況であるとは言い難く、産前・産後休業や育児休業以外はあまり活用されないままに育児に追われる教職員がいるのも現実である。また、複雑な制度内容のために、休業期間中も不安や疑問を抱く教職員からの問合せも多く、有効な情報の提供と復職しやすい環境づくりが重要な課題である。前回計画でも目標に掲げていたが、実施には至っておらず、昨今、男性の育児への参加も増え、父母を問わず育児に対する意識は年々強くなっているため、教職員への制度の周知活動実施の必要性があると考える。
ついては、当該諸制度等についての取得方法・対応方および上司や同僚の対応等についても記載した「育児(介護)支援マニュアル」等の冊子を作成、発行し全教職員に広報活動を行う。また育児中の教職員を対象とした交流会や育児支援に関するセミナー等を開催し情報提供および意識醸成を行う。


【計画】

  1. 各種制度の取得率等を調査する。
  2. 学内アンケートを実施し、仕事と育児を両立させる教職員の要望・意見等の集約を行いながら、マニュアルの詳細を決定する。
  3. マニュアルを作成し、教職員への冊子の配布、学内広報やイントラネットを活用し教職員への周知を行う。
  4. 育児中の教職員を対象とした交流会を開催し、情報交換・情報提供を行う。
  5. 育児支援に関するセミナー等を開催し、教職員の意識醸成を行う。

学校法人兵庫医科大学  〒663-8501  兵庫県西宮市武庫川町1番1号  TEL:0798-45-6111(代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.