医学・医療系の総合大学、チーム医療を実践する医療専門者の育成

学校法人兵庫医科大学学校法人兵庫医科大学

文字の大きさ小中大
ホーム > 法人案内 > 理事長あいさつ
法人案内
法人案内
学校法人兵庫医科大学基金(兵医・萌えの会)
兵庫医科大学兵庫医療大学との連携
関連リンク

理事長あいさつ

理事長 太城 力良

 1972年、「社会の福祉への奉仕」「人間への深い愛」「人間への幅の広い科学的理解」を建学の精神として、有数の文教地区である西宮市に森村茂樹先生の創設による本法人は、幾多の変遷を重ね地域に信頼される医科大学として順調な発展を遂げ、2022年には開学50周年の大きな節目を迎えようとしています。

 これまでの成長の過程を振り返ると、1995年に発生した阪神・淡路大震災の試練を克服した後、西宮キャンパスでは、優れた医師の育成と医療の発展に貢献する研究を推進するとともに社会の要請に応じた医療を提供するため、平成記念会館やPETセンター、急性医療総合センター、健康医学クリニック、教育研究棟などを建設するとともに、先端医学研究所や医療人育成センターなどの諸施設の設置による環境整備と運営改善により、教育・研究・診療の3領域にわたって高い評価を得て参りました。

 また、神戸キャンパスでは、薬学部、看護学部、リハビリテーション学部の3学部からなる兄弟校・兵庫医療大学を2007年に設立し、チーム医療を実践する医療人の育成のための教学基盤の確立に邁進して参りました。さらに、篠山キャンパスでは、1997年に移譲を受けた国立篠山病院を「ささやま医療センター」「介護老人保健施設」「居宅サービスセンター」として整備し、現在は地域包括ケアにおける「篠山モデル」の構築をめざしております。

 次なる展開として、西宮キャンパスにおいて新病院本館の建設に向けた取り組みを開始しました。診療体制の充実はもちろん、臨床教育の充実にもつながる新病院の誕生は、本法人に豊かな未来のステージをもたらすことでしょう。今後も、医学・医療の総合的教育機関としての環境と実質の整備に全力を傾注するとともに、全教職員と力を合わせ、公正誠実な法人運営を堅持して参る所存です。

 21世紀に入り、高齢化や国際化、科学・情報の高度化などに伴って、医学・医療の分野でも急速な変革が進んでいますが、本法人としては医の知・技だけではなく、「患者さんのQOLを考える良医・高質な医療人の育成」と「組織のコンプライアンス遵守」を基本として、時代に即した先駆的な研究や、特定機能病院としての役割を果たして参りたいと考えております。そして、日夜研鑽を積み重ねて発展することで社会的使命を果たし、皆様から信頼される医療総合大学として、さらなる飛躍をめざして参ります。

2018年10月

学校法人兵庫医科大学
理事長 太城 力良

学校法人兵庫医科大学  〒663-8501  兵庫県西宮市武庫川町1番1号  TEL:0798-45-6111(代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.