2018.11.13

管理職セミナー「新しい働き方、マネジメント、そして人生 イクボスで、成果と笑顔が共にアップ」を開催しました

11月13日に、役員、管理職者(事務職員、医療技術職員)を対象としたセミナーを開催し、31名が参加しました。講師の、NPO法人ファザーリング・ジャパン理事である川島 高之 氏 は「人生を楽しむことが仕事の成果に繋がる」「ワークライフバランスは緩いものではなく厳しいものである」などと話しました。また、後半は「部下力の向上」「チーム力の強化」といった具体的な方策についても話がありました。参加者は、それぞれ自分の“生き方”や“働き方”と向き合いながら熱心に聴講しました。

アンケート結果(回答者28名)

どのように自身の働き方に活かせると思いますか。

部下の積極性を引き出すために承認・称賛を行おうと思った。仕事のスリム化を実践したい。(30代/男性)

部下を頼りにするマネジメント(40代/男性)

”止める事”を見出していきたい(60代/男性)

断捨離できる上司になる努力をしてみたい(50代/女性)

自らの時間の使い方に濃淡をつける、簡素化できることを考慮する(50代/女性)

印象に残ったこと、気づいたこと

部下と向き合えていない(余裕がない自分)現状、自分が気持ち、行動を変えて行かないといけない。 部下への影響、熱意を持てるように。(40代/男性)

自分自身が楽しく仕事をすること、自分を大事にすること(50代/女性)

感想

今後の業務に対する様々なヒントをいただけたかと思います。 ぜひすべての管理職にセミナーを受講していただきたいと思います。 あと成果を検証する会もあってもよいと思います。(40代/男性)

職場のチーム作り、個人の生き方にとってとても参考になりました。(50代/女性)