ダイバーシティ推進

ビジョン・
アクションプラン

ビジョン

違い活かして、
新たな価値生み出せる
教育・研究・就業環境および
組織風土確立します。
違い活かして、新たな価値
生み出せる教育・研究・就業環境
および組織風土確立します。

学校法人兵庫医科大学は創立50周年にあたる2022年を見据え、真に活力のある組織となるため、この変革の時代に柔軟に対応できる、「心豊かで人間性の高い人材」を育成し、より安全で質の高い医療の提供を目指します。

その実現に向け、性別や年代、国籍、障がいの有無といった属性にとらわれず、多様な人材がその能力や特性を発揮でき、“違い”を活かして新たな価値を生み出せる教育・研究・就業環境および組織風土を確立します。

アクション・プラン

  1. 多様な人材の活躍を実現するための働き方改革の推進
    • 仕事や研究・修学と、育児・介護等を両立できるための支援策の充実および活動促進
    • 「時間制約」を前提とした柔軟な働き方の推進
    • 優秀な人材の離職を防ぐための職場環境の整備
    • 障がい者就労支援の推進、高齢者就業の促進
  2. 女性の上位職への登用促進
    • 女性をはじめとした多様な人材のリーダー育成の強化
    • 法人の運営における意思決定への女性参画拡大
  3. ダイバーシティ環境の実現に向けた教職員の意識改革
    • 役員・経営層におけるダイバーシティ経営に関する意識啓発
    • 部下の多様性を活かせる管理職の育成・意識啓発
    • 教職員一人ひとりが自律的にキャリアについて考え、行動するための育成・意識啓発

数値目標

2025年3月までに

  1. 医師における女性の教授比率15%を達成
  2. 事務職員における女性管理職比率20%を達成
  3. 男性の育児休業取得率5%を達成
ダイバーシティ推進室 | ダイバーシティ推進 | ビジョン・アクションプラン