ダイバーシティ推進

ごあいさつ

学長(本部長)ごあいさつ

兵庫医科大学 学長
ダイバーシティ推進本部長

野口 光一

学校法人兵庫医科大学は、2010年より学生に向けた男女共同参画に関する特別講義を開始し、2014年には「男女共同参画宣言」を行い、育児支援や意識啓発など種々の活動を行ってまいりました。

2020年4月には、本格的に事業を推進すべく、私が本部長を務める推進本部を設置し、開学50周年を見据えた新たなビジョンおよびアクション・プランを打ち立てました。さらに、アクション・プランの実行組織である「ダイバーシティ推進室」の室長として、ダイバーシティ推進担当学長補佐である飯島尋子教授を任命し、本学の新たな体制を構築しました。

こうした中で、本学の取組みが令和2年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ実現イニシアティブ(特性対応型)に採択されました。学生や医師における女性比率が増加傾向にある本学にとって、女性医師や研究者が継続的・自律的に豊かなキャリアを形成していくための仕組みの構築と環境整備はもちろんのこと、男性医師・研究者そして役員や管理職の意識改革が最大の課題であると感じております。

本学では、女性教授比率15%を目標に掲げ、女性医師・研究者のキャリア形成支援や研究力向上について重点的に取組むため専任の教員によるキャリア継続や研究活動に関する相談対応、復職者へのスタートアップ支援などを実施するほか、組織として優秀な女性医師・研究者への顕彰や研究費助成、研究スキル向上のための研修や意識啓発などの活動を実施してまいります。

ダイバーシティ推進事業は、女性の活躍に限ったことではなく、組織全体の成長に繋がるものであります。ひとりひとりがその能力や特性を発揮でき、生き生きと学び、働きつづけられる真に活力のある組織となるため、積極的にダイバーシティ推進事業を進めてまいります。今後とも、本事業に対するご理解・ご協力を深くお願い申し上げます。

室長ごあいさつ

ダイバーシティ担当学長補佐
ダイバーシティ推進室長

飯島 尋子

2020年4月よりダイバーシティ推室長を拝命致しました飯島尋子です。

兵庫医科大学では、2010年から男女共同参画事業として学生教育を中心に行っており、2014年には「男女共同参画宣言」を行い育児支援や意識啓発にも取り組んで参りました。

この度、学長を本部長として新しくダイバーシティ推進本部が設置され、縦と横のつながりを強化し大学、病院が一体化した体制が構築されました。2022年に開学50周年を迎えるのを機に、これまでの男女共同参画の活動を発展させ、SDGsの目標でもあるジェンダー平等をより一層推し進めます。さらには多様な人々が互いに尊重し合い、各々の能力や個性を十分に発揮して生き生きと活躍できる教育・研究・職場環境作りを進めていきます。病児・学童保育などの環境整備にも取り組み、より良い医療の提供と医療従事者の健康の両立を目指す積極的な取り組みを推進していきたいと考えております。

2020年11月には、私どもの取組 「女性医師・医学研究者の自立的・継続的キャリア形成支援のための環境基盤の構築」がダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特性対応型)(文部科学省科学技術人材育成費補助事業)に採択されました。

本学の女子学生の比率は50%前後で推移しております。ジェンダー平等により一人ひとりが自信を持って輝ける組織が構築できれば優れた女性研究者が増加し、若い世代にもたらす波及効果は大きいと考えます。次世代の女性研究者の裾野を拡大させるキャリア支援の仕組みをつくり、意識啓発、広報活動を行いたいと思います。今後さまざまな活動を企画・実施していきますのでご意見やご要望をお知らせください。どうぞよろしくお願いいたします。