医学・医療系の総合大学、チーム医療を実践する医療専門者の育成

学校法人兵庫医科大学学校法人兵庫医科大学

文字の大きさ小中大
ホーム > 学長対談
学長対談
学長対談
学校法人兵庫医科大学基金(兵医・萌えの会)
兵庫医科大学兵庫医療大学との連携
関連リンク

本年度で40周年を迎えた兵庫医科大学と、開学より6年目となり本年度で完成年度を迎える兵庫医療大学。

両大学の大きな節目に際し、兵庫医科大学 中西憲司学長と、兵庫医療大学 松田暉学長に、これまでの想いや両大学の連携についてお話しいただきました。(広報218号の内容を掲載)

兵庫医科大学の開学40周年を迎えて

中西学長
兵庫医科大学
中西憲司 学長

中西:開学40周年というと、もう成熟した大学です。どういう教育をするか、どういう人を育てるか、どういう研究をするかということが試されていると思っています。40周年をひとつのターニングポイントとして捉え、更なる飛躍を目指し、戦略的に色々なことをやっていきたいと考えています。

松田:開学40周年というのは本当に大きなことだと思います。兵庫医科大学(以下:医科大)には馴染みの先生がおり、私自身も大変お世話になり、非常に親しみを感じております。医師で40年といえばかなり成熟した感が出てくるころですが、大学としては正にこれからで、次の50周年を目指して、この10年がさらに飛躍されんことを切に願っています。

 

兵庫医科大学
兵庫医科大学

中西:ありがとうございます。この40年、大学として厳しいときもありましたが、右肩上がりに成長してきました。医科大は非常に自由な校風が大きな魅力だと思っています。大学が生き残っていくために、難問に遭遇するたびに、教職員それぞれが良い選択をしてきたことが、40年の繁栄に繋がっているのではないかと思います。また、新設医科大学の場合は国家試験対策に時間をとられて研究がしにくいということもありますが、本学の場合は非常に挑戦的に両立してきたというところが特徴であり強みだと思っています。

松田:中西学長が仰ったように研究面の国際的な業績も非常に高く、これまで頑張ってこられた先生方が教育・研究・診療において最大限の努力をされたことに対し、敬意を表する次第です。素晴らしいことですね。

中西:私もいい先輩がおられたことを非常に感謝しております。松田学長が医科大に親しみを感じると仰ったのも、先輩たちが自由な校風を作ってくれたことによるものだと感じます。

松田:歴代の学長や病院長も、本当に尊敬する方々ばかりで、この40年という歴史・重みは素晴らしく、大きな財産であると思います。中西学長がリーダーシップを発揮されて、今後、医科大が更なる飛躍を遂げるにあたり、兵庫医療大学(以下:医療大)もどれだけサポートできるかということが問われていると思います。

兵庫医療大学の完成年度を迎えて

松田学長
兵庫医療大学
松田暉 学長

中西:医療大も完成年度を迎え、まずひとつのゴールではないかと思いますが、それを達成できたことに敬意を表したいと思います。

松田:私自身も試行錯誤で進めてきましたが、医科大と同じように温かく見ていただきありがとうございます。やっとここまできたかなと思います。非常に感慨深いですね。 教職員や学生の皆さんも先輩がいない中で本当によく頑張ってくれました。また、ここまで来れたのは教育にしろ実習にしろ、医科大の万全のサポートがあってこそで、本当に感謝しないといけないなと思っています。看護学部とリハビリテーション学部はもう2期生が卒業して、兵庫医科大学病院でも随分お世話になっています。挨拶などの普段の心がけを含め、新しい大学ですが学生がいい校風を作り、卒業生も皆さんに良い評判をいただいていると思います。薬学部1期生の卒業まで残り半年、胸を張って最高の大学が完成しましたと言えるように、頑張りたいと思います。

学校法人兵庫医科大学  〒663-8501  兵庫県西宮市武庫川町1番1号  TEL:0798-45-6111(代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.