医学・医療系の総合大学、チーム医療を実践する医療専門者の育成

学校法人兵庫医科大学学校法人兵庫医科大学

文字の大きさ小中大
ホーム > 広報 > ニュースリリース > トピックス > “睡眠の質”が甲状腺刺激ホルモンの構造に 影響を及ぼすことが判明
広報
広報
学校法人兵庫医科大学基金
兵庫医科大学兵庫医療大学との連携
関連リンク

“睡眠の質”が甲状腺刺激ホルモンの構造に 影響を及ぼすことが判明

兵庫医科大学 内科学(糖尿病・内分泌・代謝科)講座 角谷 学助教、小山 英則主任教授らの研究グループは、 睡眠の質が甲状腺刺激ホルモン(以下、TSH)の構造に影響を及ぼすことを発見しました。この構造の変化がTSHの機能自体にも影響している可能性が考えられます。
本発見により、睡眠障害と肥満・糖尿病など生活習慣病をつなぐ一つの道筋が明らかになり、新しい薬の開発にも結びつくことが見込まれます。

小山主任教授

主任教授 小山 英則

角谷助教

助教 角谷 学


 HSCAA研究とは

 HSCAA:Hyogo Sleep Cardio-Autonomic Atherosclerosis Study の略。
 睡眠、疲労、自律神経機能などの精神社会的因子が、動脈硬化、糖尿病、メタボリックシンドローム、
 慢性腎臓病などの発症にどのように関与しているかを明らかにすることを目的に、
 2010年12月より兵庫医科大学にて行っているコホート研究。
 2017年3月現在、1,200名以上の患者さんを対象として、一人平均2.5年追跡中です。

point.png

上記の理由により、睡眠障害がTSHの糖鎖構造の変化など神経内分泌恒常性に影響し、肥満・糖尿病などの生活習慣病の発症や進展につながる新しい道筋を提唱したと言えます。
>>研究に関する詳細は こちらlink.gif

ニュースリリースに関するお問い合わせ


名称 経営企画室 広報課
TEL 0798-45-6655(直通)

学校法人兵庫医科大学  〒663-8501  兵庫県西宮市武庫川町1番1号  TEL:0798-45-6111(代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.