医学・医療系の総合大学、チーム医療を実践する医療専門者の育成

学校法人兵庫医科大学学校法人兵庫医科大学

文字の大きさ小中大
ホーム > 医療人育成研修センター > 看護師特定行為研修課程
header_iryoujin_01.jpg
alt=
学校法人兵庫医科大学基金
兵庫医科大学兵庫医療大学との連携
関連リンク

看護師特定行為研修課程

看護師特定行為研修の開講について

平成29年4月1日より、学校法人兵庫医科大学医療人育成研修センターにて、看護師特定行為研修課程を開講しました。

開講式

IMG_1370.JPG
IMG_1414.JPG

■平成29年度 看護師特定行為研修課程開講式が挙行されました。

平成29年度学校法人兵庫医科大学医療人育成研修センター看護師特定行為研修課程開講式が4月3日(月)に挙行されました。 鈴木医療人育成研修センター長、兵庫医科大学病院丸山看護部長から激励の言葉が贈られ、受講生3名については研修への決意を新たにしていました。

特定行為とは

特定行為は、診療の補助(保健師助産師看護師法第5条、第37条)であって、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされるものとして厚生労働大臣が定めるものである。

本課程の概要

kengakunoseishin.jpg

  1. 教育理念
    安全で質の高い医療を行い、地域社会に貢献する兵庫医科大学の理念を基盤として、常に社会と医療の動向に目を向け、その要請に応じて良質の看護を提供できるよき医療人を育成する。

    そのための基本方針 
    1. 人権を尊重し患者の立場に立った医療の実践者である
    2. 人間性豊かな、優れた医療人である
    3. 高度で、先進的な医療の推進者となる
    4. 健康増進活動による保健・福祉の推進者となる
    5. 地域医療機関との円滑な連携が取れる人である
  2. 教育目的

    特定行為に係る看護師の研修制度の目的である、手順書により一定の診療の補助を行うといった高度かつ専門的な知識と技術をもち、チーム医療のキーパーソンとなる看護師を養成する。

  3. 教育目標    
    1. 看護の視点に加えて、医学の視点から患者の疾患・症状を理解し、今後の医療を支える高度かつ専門的な知識と技能を身につけることができる。
    2. 患者の状態を見極め、タイムリーな対応ができ、チーム医療のキーパーソンの一人としての役割を果たすことができる。
    3. 看護に必要な医学的知識や、特定行為を活かした看護実践をもとに、看護の質の広がりに貢献できる能力を養う。

本課程開講区分

  •  ・平成29年度開講分
  •   mudai.png

共通科目

 mudai2.png

  共通科目は主にS-QUE研究会のeラーニングを用いて行います。
    演習・実習については集合研修で実施し、独自のカリキュラムとも併用して学習します。 

研修期間

4月~翌年3月(1年間)

■お問合せ先

〒663-8501
兵庫県西宮市武庫川町1番1号 
学校法人兵庫医科大学医療人育成研修センター
TEL: 0798-45-6628

学校法人兵庫医科大学  〒663-8501  兵庫県西宮市武庫川町1番1号  TEL:0798-45-6111(代)

Copyright(c) Hyogo College Of Medicine.All Rights Reserved.